ain't that just the way

よしなしごとをそこはかとなく

今日の一枚 2018.4.27

今日の一枚。

f:id:atsu_san:20180427112450j:plain

今日は何をする、明日は何をする、なんて考えてる暇なんてなくて。

ただただ花は咲かねばならなくて。

明日咲こう今日咲こうなんて思案している間などなくて。

ただただ次々に花は開く。

<2011年3月 名古屋>

今日の一枚 2018.4.25

今日の一枚。

f:id:atsu_san:20180425094814j:plain

 

自然にできたアーチをくぐるのはなぜか面白い。

深い穴をのぞくこともまた面白い。

それを童心というのかもしれないけれど。

面白いと思うことをやってみたいのはいくつになっても変わらない。

 

<2011年7月 屋久島>

今日の一枚 2018.4.24

今日の一枚。

f:id:atsu_san:20180424102052j:plain自分だけの場所へ行く。

語らい見つめ合うものが自分だけしかいない場所へ。

どれだけ他者と交わろうとも最後の最後に語らうのは自分だけだろう。

他者は自分自身を見つけるきっかけにしかなりえないのだ。

<2011年3月 伊勢>

今日の一枚 2018.4.23

今日の一枚。

f:id:atsu_san:20180423085600j:plain

その先にはなにもないかもしれないし、なにかあるかもしれない。

どちらにせよ、この先へ行ってみなければわからないのだ。

なんとなくわかるのは、この先も道が続いているだろうということ。

 

<2011年3月 伊勢>

今日の一枚 2018.4.21

今日の一枚。

f:id:atsu_san:20180421091950j:plain

 

今の季節には今しか感じられない空気がある。

最後の雪がとけてなくなる瞬間の音、ふきのとうが出てくるにおい。

そのうち大勢の緑の中の一つとして存在感の薄れてゆく小さな気配。

今はそれをひとつひとつ感じながら季節の移り変わりを眺める。

 

<2018年4月 小樽>