読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ain't that just the way

よしなしごとをそこはかとなく

雪深まるも瞑想深まらず

つれづれ

どうも瞑想が深まらない。

深いところに落ちてゆく感覚が、いつもより浅い、とでも言えばよいのだろうか。

しかし、呼吸だけは深まるのだ。いつも以上に。

でも、何かがうるさくて集中できない。そんな感じがする。

 

頭頂から落ちてゆくなにかが鼻のあたりで一旦停滞する。

そして、そこから一気に落ちてゆくわけではなく、ちょろちょろとなにかが落ちてゆく。

ちょろちょろとしていながらも、どうにかこうにか下腹部にまで落ちてゆくのだけれど、なんだかまだまだ頭に何かが残っている。

そんな感じの瞑想になってしまうのだ。

 

これは時期的なもの。かもしれないな。

月齢的も明日が満月に至るからなのかもしれない。

そんなときは黙って呼吸を整える。

それが最善なのだろう。

 

4吸って、20はきだす。

瞑想時の呼吸のリズムはそんな感じだ。